不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. 不動産投資における空室対策

不動産投資における空室対策

不動産投資で最も怖いのが、空室率が上がることです。

空室からは収入が入ってきませんから、死活問題となります。

空き室対策をしっかりと立てて、稼働率のよい賃貸経営を目指しましょう。

空き室になる理由は千差万別で、立地条件によっても異なります。

なぜ、空室が発生するのか?

なぜ空室が出るのかを理解することが大切です。退去の原因がわかれば、的確に対処が可能となり、空き室を減らすことができます。

退去理由で多いのが、通勤や通学に不便、まわりに新しい賃貸物件が増えて競争率が高くなっている、不景気で家賃の低い物件が人気といったものです。

これらの理由から人気のある物件の条件は、交通の利便性が良く、競争力が高く、家賃が低い部屋だと考えられます。

まず、交通の利便性を考えると、会社員がターゲットの場合は都心部に乗り換えなしで行けるところや都心まで30分以内など、勤務先への良好なアクセス。

学生がターゲットの場合は、郊外のキャンパスに近いところなど学校にアクセスしやすいことが条件となります。ターゲットと立地条件が合致していることが大切です。

次に競争力が高い物件ですが、最も入居希望者の目を引くのが、魅力のある間取りや内装です。住み心地の良い部屋は、高い競争力を誇ります。

さらに住み心地がいいと長く住んでくれますから、安定した入居率が期待できます。空き室が長期間続く場合は間取りや内装、水回りの設備のリニューアルを検討するのも一つの方法です。

また、建物自体のグレード感も大切です。

そのためには共有部が清潔で、整頓されていることが不可欠の条件となります。

自転車は所定の場所にきちんと止められているか、ゴミ置き場は整頓されているか、共有部の掃除は行き届いているかなど、常にチェックしておきましょう。

物件それ自体ではなく、仲介業者の質も大きく影響する。

不動産会社選びも大切です。

入居率を下げないためには、優秀で信頼のできる不動産会社に依頼すべきです。土日が休みの不動産会社は論外ですし、募集チラシが雑だと物件の魅力が半減します。

わかりやすくきれいなチラシを作り、インターネットでも情報発信をしている。また他店舗との連携が取れている会社なら、募集効率が何倍にも上がります。

まとめ

ここまでやっても空き室が埋まらない場合は、家賃を下げることを検討しなければいけません。

また、敷金や礼金、更新料を見直すのも一つの方法です。空き室対策を自分一人で行っても、限界があります。信頼のできる管理会社やリフォーム業者を見つけて、彼らからアドバイスをもらうことも大切です。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。