不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. リフォームとリノベーション、3つの違いとは?

リフォームとリノベーション、3つの違いとは?

リフォームとリノベーション

最近よく耳にする「リノベーション」とはリフォームと何が違うのでしょうか?

リフォームをオシャレな言い方にしたものをリノベーションと思っているかもしれませんが、実際はちゃんと意味が分かれているのです。

広告等にもリノベーション済みと載っていたとしても、単なるリフォームの場合もありますので、違いを理解して物件を見ることで見方も変わってくるかもしれません。

リフォームとは?

今まで一般的に使われていたリフォームとは、壊れたり、汚れたり、老朽化した建物を新しい状態に戻すことを言います。

入居者が退去した際に、床やクロスの張替え、キッチン等の入れ替えなど、入居時と同じ状態に戻す「原状回復」と言われるものです。

賃貸の物件だけではなく、あらゆる建物に関して、キレイにしたり新しくしたりすることがリフォームに該当します。

リノベーションとは?

中古の建物に大規模な工事を行うことで、新築の状態よりも機能や性能を向上させ、価値を高めることをリノベーションと言います。

原状回復+αを加えることで、入居者のライフスタイルに合わせたデザインや、間取り、内装の変更が行われます。

リノベーションを行うことにより、快適な暮らしを手に入れ、不動産価値を高めることができます。

どちらもきれいになることには変わりありませんが、工事の規模や費用、性能などが大きく異なります。

違い1【工事の規模】

リフォームで行われるのは設備の変更や修繕等の小規模な工事に対し、リノベーションは間取りの変更、水道管・排水管の取替、冷暖房換気設備の取替等の大規模な工事が行われます。

違い2【性能】

リフォームで行われるのは新築時に近い状態までとなりますが、リノベーションは時代の変化に応じた新たな居住スタイルに変更することができ、新築時以上の性能を設けることができます。デザイン性もあることから、リノベーション済みの物件は人気があります。

違い3【費用】

工事の規模が違うことから明らかですが、リフォームの工事費用の相場は、マンションと一戸建てで差はありますが200万~500万くらいが多いようです。一方、リノベーションとなると、700万~1500万くらいが相場となります。

また、リノベーションの場合、壊してみた時の状況で、希望通りの間取りにできない等のトラブルが起こる場合もあり、予算オーバーになるリスクを考える必要があります。

まとめ

違いをはっきり使い分ける必要はありませんが、リノベーション済みだから家賃や価格が高いと鵜呑みにするのではなく、その物件の価値に相当しているのか判断する材料にはなると思います。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。