不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. 不動産売却時の不動産会社との3つの契約方法

不動産売却時の不動産会社との3つの契約方法

売却予定物件の査定はなるべく多くの不動産会社に依頼して行うのですが、不動産会社に正式に売却の仲介の依頼をする時は、「媒介契約」を締結します。

媒介契約とは、仲介サービスの内容と手数料などを明確にするための契約で、「専属専任媒介契約」・「専任媒介契約」・「一般媒介契約」の3種類の中から売主が選択して契約することができます。それぞれ特徴がありますので、見ていきましょう。

【1.専属専任媒介契約】

1社の不動産会社に仲介を依頼し、他の業者に重ねて依頼することができません。

依頼を受けた不動産会社は1週間に1回以上の売却活動の報告義務があり、対象物件を国土交通大臣の指定する流通機構に登録しなければなりません。

依頼主は、自分で購入者を探すことはできず、自分で見つけた場合は、不動産会社を通して契約することになります。

【2.専任媒介契約】

専属専任媒介契約と同じように、1社の不動産会社に仲介を依頼しますが、報告義務は2週間に1回程度、受けることができます。

対象物件は、国土交通省の指定する流通機構に登録しなければなりません。

依頼主は自分で購入者を探すことができ、自分で見つけた場合は、不動産会社を通すことなく契約を締結することができます。

※専属専任媒介契約と専任媒介契約は依頼者にとって拘束力の強い契約となるので、有効期間は3か月以内となります。契約の更新もできますが、その場合も3か月以内となります。

【3.一般媒介契約】

複数の不動産会社に仲介を依頼することができます。不動産会社からの報告義務はありませんし、自分で購入者を探すこともでき、自分で見つけた場合は、不動産会社を通さずに契約を締結することができます。

指定流通機関への登録は任意で行うことができます。

大事な物件を預ける上で、仲介業者との信頼関係は重要となります。

専任媒介契約は、仲介業者からしてみれば、仲介手数料は保証され、他社から売却される心配がないため、積極的に動いてくれるメリットがあります。

一般媒介契約の場合は、複数の業者に依頼するため、購入者が見つかりやすいメリットがありますが、自社を通じて売却できる保証がないので、営業も消極的になる可能性があります。

どちらが良いかは、物件によって考えた方がよいでしょう。

売れそうな物件であれば、一般媒介でも良いでしょうし、条件的にも難しい物件であれば、専任媒介にして、信頼できる仲介業者に任せるのもよいかもしれません。

業界最大手の不動産売却一括見積システムの「イエイ」で賢く売却!

大手不動産会社から中小企業まで日本全国まんべんなく、売却査定額の比較ができます。

一社だけでなく、複数社に査定を依頼するから高く売れる!料金はもちろん無料。無料査定依頼はわずか60秒。利用者数も300万人を突破。

イエイは、厳選した不動産会社だけと取引き、更に売却専門だから安心です。査定額に1000万円以上の差が出た事例も。

少しでも高くスムーズに売りたい。賢く、確実に売りたい。信頼できる不動産仲介業者を探している方は、業界最大手で信頼できる「イエイ」で一括見積もり。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。