不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. みんなの不動産投資体験談
  3. 投資用のワンルームマンションを約3,000万円で1戸購入【体験談】

投資用のワンルームマンションを約3,000万円で1戸購入【体験談】

物件の概要を教えてください。

およそ3,000万円で1戸購入、投資用のワンルームマンション。

収益は?

少なくとも1,500万円の収益を目標にしました。

最終損益(出口)は?

およそ800万円のプラスを確保できました。

失敗談や成功談があれば教えてください。

振り返れば、学生のころから、不動産投資には興味関心を持っていました。むろん、当時は漠然とした考え方でありましたので、具体的な戦略などは何も考えていませんでした。

何となく都内の一等地にマンションを購入しておき、値上がりを待って売り出せばいいだろう位の感覚でしかありませんでした。

その後社会人として、建材メーカーに就職しましたが、思うように貯蓄もできずに悩んでいました。浪費癖があるわけではないのですが、やはり日々の生活をしていくだけでもお金がかかるものです。

やがて、世の中は、いわゆるリーマンショックに見舞われることになりました。リーマンショックは、アメリカに端を発したものでありますが、その影響は日本にも大きなマイナスをもたらしました。日本では、輸出をメインにする企業が多く、円高によって大きな打撃を受けることになったのです。

株価は低迷を続けていましたが、さらなる追い打ちをかけることになりました。

地価も下がり続けていきました。連日のように株価の低迷や企業倒産のニュースが流れていたことを思い出してしまいます。

そんな時に、私が本屋で見たのが、今こそ不動産投資のチャンスという意味あいの記事が書かれた雑誌でした。私自身も、投資話には元来興味がありましたので、株式投資も数年前から始めていたということもあり、この不動産投資は勝ち目があると思いました。

数日後には、ネットで見た口コミ情報などを参考にして、大手不動産会社に電話をしてみました。

すると、担当者の人が電話に出るなり、今が絶好の買い時だと強調するのです。私自身も営業の経験がありますので、むろん、営業担当者は、ポジティブな話を中心にしてくることは予想ができていました。とりあえず、休日の日に営業所にいくことにしました。

営業担当者は、すぐに会いたいといっていましたが、こちらにも都合があるのでと断りました。やがて、その営業担当者からは、都心エリアの物件を複数紹介してもらいました。

私は最初は一棟だけを購入するつもりでしたが、複数を持った方がリスクも回避できるとススメられたのです。

結果的には、都心エリアにあるJR池袋駅の徒歩圏内にある新築のワンルームマンションを購入することに決めました。

価格はおよそ3,000万円でしたが、私自身も正直いってお得感を感じていました。池袋で新築だったらもっと高いのではないかという思いは持っていましたので、あとは、入居者が入ることと資産価値が上昇することを願っていました。

銀行からローンを借り受け、少し気持ちは重たくなりましたが、儲けるためには仕方のないことだと言い聞かせていました。

驚くほどすぐに入居者が決まりました。家賃はおよそ12万円で、それはすべてローンの返済や不動産の手数料に消えていきます。

私の手もとには一銭もこないのは寂しいと思いましたが、それは当たり前の話でした。その後も景気の先行き不透明感が続いていました。

株価も低迷が続き、私の購入したマンションの資産価値もさっぱりでした。その後、長きに渡った自民党政権から民主党政権への政権交代が起こり、景気浮揚の期待もありましたが、全く期待外れのものでした。

東日本大震災が起こりましたが、幸いにも、マンションの方は無事で資産価値に影響はありませんでした。転機が訪れたのは、いわゆるアベノミクス効果です。自民党政権の復活と同時に、株価が上昇したことは、記憶に新しいところです。

それに若干遅れるかたちで、地価が高騰しだしたのです。

特に都心エリアには、人気が集まるといわれています。結局のところ私自身は、不動産の担当者のもう少し待ったほうがいいという助言を押し切るかたちで、物件を売却することにしました。

最終的には、およそ3,800万円という金額で売却することができました。価格自体をみれば、800万円の儲けということになりますが、私自身にとっては、もう少し利幅を出すことができたのではないかとも思っています。

銀行からの住宅ローンを完済しても、手もとに資金が十分に残ったことを考えれば、合格だと考えたほうがいいという助言をする友達もいました。

しかしながら、今振り返ってみれば、これだけの結果を残すことができたのは、都心の利便性の高いエリアにこだわって物件選びをしたからだと思います。

マンションの近くには、コンビニやドラッグストアなどの買い物に便利な店舗はもとより、病院などもあることから、至れり尽くせりの環境といえます。

また、ワンルームというのも、資産価値を下げない要因とされています。

ファミリー向けと比較した場合に、転居などで空室になったとしても、すぐに次の住人を確保しやすいといいます。

学生や単身赴任の一人暮らしの需要が多く見込まれるといわれています。本当に景気の動向に左右されるものだと実感しました。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。