不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. 不動産投資と補助金・助成金の活用法

不動産投資と補助金・助成金の活用法

当サイトでは、様々な節税情報や減税情報をお届けしておりますが、これらの税金対策のみならず、所定の条件を満たせば住宅の「補助金」や「賃貸事業の助成金」などが受けられる、各種優遇制度についても、常にアンテナを伸ばしておきましょう。

補助金や助成金を利用することで、少ない予算で効率的な賃貸経営が行えます。

住宅に関する補助金や助成金は数が多く、国だけでなく地方自治体が独自に行っているものもあります。

主に建物の耐震化、省エネ設備、高齢者や障がいのある人でも暮らしやすいバリアフリーの3分野は政府が力を入れているため、補助金制度も数多く設けられています。また消費増税による負担軽減のための給付金の支給にも目配りしておきましょう。

2014年末の政府の方針では、2017年4月に消費税を10%に引き上げるとしています。

これが実行されるときは、要チェックです。例えば消費増税が10%となったときに、収入額が775万円以下の人に50万円が給付される住まい給付金など、さまざまな政策が行われています。

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業って?

このほかにも、賃貸経営で悩みの種の空き室リスクを軽減するために、国から補助金が支給される「民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業」もあります。

この事業は高齢者、低所得者など住宅の確保が困難な人に優先的に部屋を貸すことを条件に、賃貸住宅のリフォーム費用の3分の1が支給されるというものです。

補助金の対象となるのは、1つ目に空家部分のバリアフリー、あるいは省エネルギーのための改修工事、2つ目に共用部分の改修工事のいずれかです。

毎年、補助金の申請者を募集していますので、手持ち物件のバリューアップを検討されている方は活用されてはいかがでしようか。

まとめ

補助金は申請すれば、タダでまとまったお金が手に入ります。銀行で借りれば利子がつくお金が何もせずに調達できるのですから、利用しない手はありません。

補助金や助成金の支給ではありせんが、税金の控除も見逃せません。

こちらはお金は入ってきませんが、出て行くお金を大きく減らせます。このため補助金や助成金と同じ効果が期待できます。

住宅の新築、新築住宅の購入、中古住宅の購入、リフォーム時などにそれぞれ減税措置が設けられています。これらの制度を見逃さないようにチェックしておきましょう。

また、補助金や減税について詳しい施工会社に相談するのもおすすめです。

不動産投資は政策の影響を受けやすい面がありますので、日々の情報収集で最新の動向を知っておくよう努めましょう。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。