不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. 地震保険とは?

施設賠償責任保険とは?

不動産投資と地震保険

■施設賠償保険の概要

名前の通り、施設(マンションなど)の所有者の責任で損害を起こしてしまった場合の保障です。

これは「対人」の場合も「対物」の場合でも対象になります。

対象業種は、小売店、料理飲食店、事務所、マンション賃貸・管理業に限定されています。この保険はマンション総合保険(マンションの共用部を一括して保障する火災保険)の特約として付保します。

■具体例

施設の共用部に対する保険と言っても中々イメージしにくいと思いますので、以下具体例を挙げます。

<マンション一棟所有者>

  • マンション内の給排水設備が破裂。それにより漏水がおき、居住者の部屋に浸水してしまい、家財に損害が発生した。
  • 共用部分である管理事務室から施設の不備により火災が発生。それにより入居者やマンションの前を通行していた一般人に怪我をさせてしまった。また、隣接している建物も損害が発生した。

<マンション一室の区分所有者>

  • 部屋の中の給排水設備が事故により破損。下階の部屋に浸水してしまい家財に損害が発生した。
  • 部屋の中の間仕切り壁から軽鉄の一部が飛び出ていた。それにより入居者に怪我をさせた場合。

このような場合に保障されます。

■漏水の場合の注意点

漏水事故が発生した場合、原因箇所の調査費用は保障されません。また、原因箇所の補修費用も保障されていません。

例えば、マンションの部屋内の配管不備により下階へ浸水があったとします。その場合、下階の方の家財に対する保障はありますが、壊れた配管に関しては自費になるという事です。

■まとめ

マンションなどを所有していると、思わぬところで責任が発生します。

それが、自分自身の身体や財産に対してであれば、まだ良いですが、他人となるとまた話は別です。お金だけの問題だけではなく、どの範囲まで保障するのか等、違った問題が発生するからです。

住宅総合保険では、他人の身体や家財などに損害を与えた場合の保障まではしていません。火災保険や地震保険の他に、「対人」、「対物」に関しての保険である「施設損害賠償保険」も検討してみましょう。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。