不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. サラリーマン不動産投資家と所得税

サラリーマン不動産投資家と所得税

サラリーマンの副業として、あるいは将来の資産形成の一つとして不動産投資を行なう人が増えています。

サラリーマンの場合、すでに給料が源泉徴収されているため、税金について考える機会はほとんど無いかもしれません。消費税などの実生活に身近な税についてはある程度分かるとはいっても、税金の仕組みや税金を節約する方法についての知識はほとんど持ち合わせていないのが現状です。

しかしもしサラリーマンが不動産投資を行なう場合には、税務は必ず学ぶ必要がある分野になります。

なぜなら不動産投資により利益を得た場合には、必ず確定申告をしなければならないからです。

サラリーマン不動産投資家と所得税は切っても切れないテーマなのdです。

国民の義務に納税がありますが、だれもが税金は少なくしたいと考えるはずです。

そのためには税金の仕組みを理解する必要があります。

不動産投資により得られた利益は不動産所得とみなされ、所得税の課税対象になります。

申告することになる所得は、不動産収入から経費を差し引いた額になります。確定申告における経費には、不動産投資を行なうために必要な物品の購入費などが含まれます。

自動車を保有している場合には減価償却により経費算入することができます。経費として算定する場合には不動産投資のためにどれくらいの時間自動車を利用しているかを考えます。不動産を見て回るために一週間のうち2回使用したのであれば、一か月あたりの使用割合は15%ほどになります。

これを減価償却費にかけて経費として申告します。それ以外にも電話代やパソコンの購入費なども経費として計上できます。

投資先となる建物を修繕した場合には、かかった費用により減価償却するか、経費として算入するかが決まります。

経費がまとまったなら、投資により得られた不動産所得から必要経費を引きます。これが課税対象になる所得になります。

所得が多くなると所得税もその分多くなります。その反対も同様です。所得税の納税額を節約するためには、控除できるものがないかをあらかじめ調べておくようにします。

判断に迷う場合には税理士に相談することもできます。気を付けたいのは税務調査が入った場合です。

その場合には修正申告を必ず行なうようにしてください。修正申告をすぐに行えば、加算税額がありますが、重加算税のような懲罰的な税金が科せられることはないからです。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。