不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. マイホーム購入と与信の関係

マイホーム購入と与信の関係

不動産投資を行うには、「資金調達」が成功のカギを握ります。

既に多くの資産を有している資産家であれば、不動産投資をすぐに行なうことができますが、サラリーマンの場合はそうはいきません。

資金調達を行なうには融資を受ける必要がありますし、融資可能額によって、不動産投資ができるかどうかが決まってきます。

そこで、マイホーム購入と与信の関係をあらかじめ理解しておくことが大切です。不動産投資の場合は賃貸収入が運用益となり、債務の返済はそこから行なうことになるため、一般的なマイホーム購入の場合のように給与収入から支払う場合とは大きく異なりますが、融資を受ける際のプロセスは良く似ています。

マイホーム購入と不動産投資の為の融資では、与信枠が異なる?

不動産投資の際の物件の購入資金の融資額は、投資家の資産や収入によって決まります。

マイホーム購入の場合も同様で、給与収入などを勘案して融資額が決まります。

そして不動産投資の場合、マイホーム購入よりも多くの資金を必要としますから、与信枠を決定する際には投資物件の収益性などを考慮します。マイホーム購入の場合の与信については、基本的に年収の5倍から7倍程度が目安になります。

仮にマイホームを購入する時点の年収が600万円の場合、与信枠は3000万円から4200万円になります。不動産投資の場合はその場合とは異なり、物件の収益性などにもよりますが年収の10倍以上の与信枠が得られる場合があります。

具体的には年収1000万円の場合で、与信枠が1億円から2億円になることもあります。

与信枠を更に広げるには?

さらに与信枠を広げたい場合には、投資対象となる不動産物件の収益性を明らかにすることも必要です。

単に不動産投資がしたいというだけでは、融資してもらうことはできません。きちんとしたキャッシュフローを示す必要があり、収益還元法による投資物件の収益性のアピールが求められます。

銀行側もリスクをできるだけ排除して融資をしたいと考えていますから、相手を安心させる材料を提示できるようにしておくことが大切です。

こうして不動産投資を始めると、収益が上がるため、その分年収も増加します。給与収入にプラスして賃貸収入が入ってくるためです。

年収が増加すれば、与信枠もさらに多くすることができます。

与信枠を広げることができれば、融資をさらに受けることができるようになり、不動産投資をさらに加速させることもできます。この場合も、慎重に見極めることが大切です。不動産も生き物のように価値が変動するからです。

融資の仕組みをしっかりと理解しておくなら、失敗するリスクを極力減らすことができます。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。